麻酔薬を注入する際の痛みを和らげる

今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:204 hit

更新: 2017/08/07 5:30:09

注射針を刺した後、次に麻酔薬を歯ぐきの中へ注入する際に痛みを感じやすくなります。

この痛みをなくすためには、麻酔薬の温度と注入するスピードが肝心です。

まず麻酔薬の温度ですが、麻酔薬は冷たいまま注入すると痛みを感じます。そのため無痛治療を行う歯科医院では、必ず術前に麻酔薬を痛みのでない適切な温度まで温めて使用します。技工機器

次に麻酔薬は歯ぐきの中にゆっくりと注入していくと痛くありません。その分麻酔の時間はかかりますが、歯科医師の多くはこのスピードに注意しながらゆっくり麻酔を行っています。

また近年では、痛みのでない注入スピードをコントロールできる電動麻酔器を使用している歯科医院も多くあります。

麻酔をしているのに痛みを感じるのはなぜ?

先にも述べたように歯科治療は麻酔を使用することが多いため、基本的には治療中の痛みは感じないはずです。虫歯診断装置

しかし麻酔を行っても、治療中にやはり「痛い!」と訴える方もいらっしゃいます。その原因は何なのか、またそのような場合にどう対処すべきか、以下にご紹介していきます。

麻酔が効かない

大きな虫歯や親知らずの腫れなど、その部位に強い炎症がある場合は麻酔が効きづらくなります。その場合はまず炎症を抑える応急処置を行い、炎症が引いた段階で麻酔治療を行います。

また、男性で顎の骨が硬くてしっかりしている方は麻酔が効きにくい傾向にあります。

このような場合は伝達麻酔(でんたつますい)や歯根膜麻酔(しこんまくますい)といった、通常とは異なる強めの麻酔を行うことが必要です。

http://athena.osakazine.net/e645737.html

adental


投稿を違反報告 / ブロック



コメントをするにはログインが必要です : ログイン


残った歯の本数と肺炎死の関係とは
2018/07/16 3:04:35 adental

研究者は、2001~2006年のデータ(親知らず以外の失った歯の数、生活習慣、健康状...


仕事が原因のうつ病など 沖縄・2017年度の労災認定は6件
2018/07/13 23:49:44 adental

仕事のストレスなどが原因でうつ病などの精神疾患にかかり、県内で2017年度に...


盛岡市立病院、脳神経外科を新設 軽度の外傷にも対応
2018/07/13 3:46:58 adental

盛岡市本宮の市立病院(加藤章信院長)は本年度、脳神経外科を新設した。脳疾患の...



友達募集 雑談 初投稿 イラスト ドリンク擬人化企画2018 拡散希望 必読 バトン お久しぶりです #友達募集 お絵描き 出戻り 自己紹介 閲覧注意 SEVENTEEN Hey!Say!JUMP