親知らず、抜いたほうがいい場合

今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:74 hit

更新: 2017/08/22 5:19:42

親知らずの生えてくるスペースが不十分だと、ほかの歯を無理に押して出てきたり、斜め向きや横向きに生えてきたりすることになります。これによって徐々に手前の歯を圧迫してしまい、知らないうちに歯並びが悪くなる可能性があるのです。技工機器

また、中途半端に頭を出している親知らずは、歯みがきがしづらいので手前の歯との間にプラーク(歯垢)が溜まり、手前の歯の深いところで虫歯になるリスクが高くなります。治療が遅れると、位置や虫歯の大きさによっては手前の歯を残せない場合もあるので、早めに診断してもらいましょう。虫歯診断装置

炎症を繰り返す場合は、抜歯することが適当と考えられます。親知らずの抜歯は、歯の大部分が骨の中に埋まっていたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると、歯肉を切開したり、骨や歯を削ったりするため大変です。

特に下の親知らずの場合は神経に近いため、位置関係をCTスキャンで確認してから安全に抜く必要があり、入院や全身麻酔を要することもあります。

http://athena.osakazine.net/e649578.html

adental


投稿を違反報告 / ブロック



コメントをするにはログインが必要です : ログイン


キミスイで注目の新人女優・浜辺美波
2017/09/22 5:41:26 adental

「フードコートでごはんを食べていたら、近くに座っていたお客さんが“キミスイ”の...


歯磨きだけで除去できる汚れは全体の60%といわれています
2017/09/21 3:32:35 adental

残りの汚れは、歯間ブラシやマウスウォッシュで、きちんとケアをしましょう 技工...


歯周病が怖いのは骨折だけではない
2017/09/20 4:29:30 adental

「外歯瘻というのですが、歯周病菌が上あごの骨を溶かし、目の下に穴が開いてしま...