ちょっと好きな本の話してもいい?

今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:125 hit

最高ランク : 3 , 更新: 2018/04/22 10:02:32

3日ぶりくらい……?お久しぶりですかね?
今日は私の好きな本を布教するためにきました、宣教師です()

▼タメ口モードが起動しました。
▼妃有栖の語彙力が消失しました。


河野裕さんという素敵な作家さん紹介するね。
サクラダリセットとか書いている方なのだけれども。

河野さんの小説読んでるとね、なんだろう。「あ、いいなぁ」って思う。綺麗な透明感のある文を書く人なんだよね。比喩の仕方だとか、登場人物の心情だとか、会話だとか言いまわしだとか。全部が全部綺麗な気がする。

結構独特な言いまわしだし、この文体あんまり好きじゃない! っていう人もいるかもしれないけど。まぁ人それぞれだから仕方ないよね。でも読まず嫌いはだめだよ、ちゃんと読んでから評価してね。

例えばなんだけど、「いなくなれ、群青」のプロローグ。
「この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」
別に「この物語は彼女に出会った時から始まる」でもいい訳ですよ。意味は同じだし、話は通じる。この文に「どうしようもなく」をつけるセンス……! この話、主人公は「エピローグからの翌日から始まるような」何の変哲もない日常を望んでいて、その中に「彼女」が加わってくるわけなんですよ。エピローグではなく、始まってほしくない「本編」に背を向けたいのに向けれない。「どうしようもなく」、たった八文字の中に主人公の心情が入り混じっていてね……。とにかく文体が綺麗な人なんですよ。

特におすすめしたいのが「階段島シリーズ」
私の投稿の中でもちょくちょく出てくるから覚えている人は覚えているかもしれない……。
言ってしまえば良く分からない島だとか何だとか、ファンタジー要素ありありだし、正義だとか優しさだとか、幸せだとかを問う話でもあるからちょっと厨二くさいところもあるかもしれない。けれど、読むべき本だとは思う。
彼らは学生で、成長だとか生き方とか、そんなものにぶつかっては目を背けたり、真正面からそれを見つめたり、ときには壁をぶっ壊して前に進もうとしたり。少しずつ成長していく姿とか、成長しきれずに悔やむ姿とか、見ていて本当に愛しいんですよ。

そして登場人物の性格が一人ひとり違っていて、考え方とか自分の在り方とか、それもまた変わってくるのが本当にリアル。誰よりも真っ直ぐでまさに「正義」である真辺、悲観的で「正義」の真辺の信仰心や反論の気持ちを抱く七草。性格の違いがあるからときにはぶつかるし、反論するし、でも現実もそうなんだって、今更気付ける。

読むなら学生のうちがいいと思うの。大人になってから読んでもそれはそれで楽しいし面白いし、私自身も大人になったら読み返したいと思うけど。でも学生のうちに読んで損はなければ得しかないから……。ぜひ読んで……!
シリーズ順は「いなくなれ、群青」➛「その白さえ嘘だとしても」➛「汚れた赤を恋と呼ぶんだ」➛「凶器は壊れた黒の叫び」➛「夜空の呪いに色はない」の五巻。今なら最新巻に追いつけますよ……!


※ここからは「夜空の呪いに色はない」の感想になります。ネタバレしない限りの感想にするつもりではありますが少し物語の結末に触れる可能性があります。ご注意ください。間違っても「いなくなれ、群青」からシリーズを読み始めたいという方は見ないこと。




やっと読み終わりましたよ、第五巻。
群青➛白➛赤➛黒ときて「色はない」だったから、いやもしかしてこれ最終巻だったりするのか……?と思って読んだ。五巻ってキリがいいし、帯に「決意の」って書いてあったからそれっぽいなとは思ってたけど。

んんん、まさに激動って感じだったなぁ。堀ちゃんは魔法取られちゃうし。時任さんの過去も少しだけ見えてきた。そりゃあんなことあれば魔法を手放したくもなるなぁ。あんな辛い過去があるとは、一巻読んだときには思えなかった。そもそも、堀ちゃんと時任さんがこんなメインキャラだとは思いもしなかった。

今回は安達さんはあんまり出番なかった感じかな???結構安達さん好きなんだけどな()

ところで、これは最終巻なのだろうか……。内容的にはまだまだ続いていきそうだけど。でも省略法、みたいな感じで敢えて物語の結末を見せないというのも河野さんらしいとは思うな。

もしくは、むしろこれまでのがすべて「序章」「プロローグ」みたいなもので、魔法を借りることができるようになった七草くんたちが大地だとか階段島だとかのために魔法を使いながらでもちょっとぶつかりながら、成長していく感じでもいいとは思う。それが「本編」である、というのもよさげ。七草くんのエピローグの翌日はいつ来るのだろうね。

でもやっぱり安達さんと真辺ちゃんと堀ちゃんの関係は気になるところだし、大地くんには幸せになってほしいし。ナドくんの過去とかもまだもやもやしたままだから、続きも十分ありえるよねぇ。七草くんの恋心だとか信仰心だとかはどうするのか……。そして私はいい加減七草くんの下の名前を知りたい。


あれ、もう2000文字過ぎてるのwww
そろそろ失礼します。
À la prochaine!

妃有栖


投稿を違反報告 / ブロック



階段島シリーズ、タイトルが素敵で前々から気になってたんだよね…。今読んでるのが終わったら読んでみます🙌

nikoakohorimiya
2018/04/23 6:32:25 違反報告 リンク


お、現代文学???うわあ私そこらへん全然わからぬ……けど有栖のオススメはハズレなさそうだから図書室さがしてみるー!!
でも、有栖か前言ってた綾辻さんとかも気になってるんだよううう


霜月まぎか
2018/04/24 8:16:40 違反報告 リンク


コメントをするにはログインが必要です : ログイン


〚必読ってわけじゃないけど〛辞めます
2018/07/30 10:12:10 妃有栖 1 1

まぁ私の投稿がランキングに載るかなんて知ったこっちゃないですが、ランキングに...


生きてますよ。
2018/04/17 9:14:38 妃有栖 4 8

えっと、エイプリルフールぶりですね() あっという間に時間は過ぎていくのですか...


エイプリルフール楽しい……
2018/04/02 4:06:02 妃有栖 12 12

しまった過去形にするべきだった。 エイプリルフール満喫してました……私は昨日...



雑談 バトン イラスト 友達募集 イメ画 拡散 初投稿 歌詞 拡散希望 企画