馬肥ゆる秋。

小話
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:20 hit

最高ランク : 12 , 更新: 2018/10/11 17:42:09

天高く。


ひんやりと冷たい床を、足裏に感じながら。
暮れてきた空へ筆をとる。

移ろう景色は、いくら詠んでもきりがない。

日の出が随分と遅くなった。
立派な雄鶏の朝鳴きも遅くなった。

春では自信満々に鳴いていたのに。
今や余韻も残さず鳴き終えて、足早に巣に戻る。

完璧な朝と言うには物足りない。
しかし雄鶏からしてみれば迷惑な話だろう。

太陽が出ていなければ、鳥の頭では夜なのだ。
なんで夜なのに鳴かなければならない?
そう思っているはずだ。

それでも合図をすれば鳴くあたりが、自身の役目をよく理解していると思う。


秋の、天の高さ。
早くも落ちた葉が、風に吹かれた。

枯山水の白砂を流れて行く。
川に流されるかのように、サラサラと。
石に引っかかってカサカサと。
しなやかさの無い、乾燥した音を立てていた。

女官が火鉢をつついている。
春はあの後ろを雄鶏が追っていたのだが、寒いからなのか姿は無かった。

さっさと鳴いて、今頃は巣の中だろう。

逆に元気が良いのは馬だ。
肌寒いくらいが丁度良いのか、馬は元気に暮れ時まで馬場にいた。
動けば腹が空くものなので、勿論餌もよく食べる。


天高く馬肥ゆる秋。


暮れ時の高い天には、海を渡るのだろう鳥の群れが飛んでいる。
細筆でちょんと触れるか触れないか、そんな小さな黒い点が南へと飛んで行った。

虫の音が聞こえる。

天の事など知りもしないのだろう。
見えてすらいないかもしれない。

そんな虫の音が聞こえ始めていた。

白の人


投稿を違反報告 / ブロック



コメントをするにはログインが必要です : ログイン


記憶に住まう狐の話〈5〉
2018/10/23 2:20:02 白の人 1

ぴちぴち、と小鳥が噂話をしている。 その声に目を覚まして、大きな欠伸を一つし...


北風と猫。
2018/10/22 11:37:56 白の人 3

尾が揺れていた。 窓も揺れていた。 丸い窓ガラスにはモヤがかかり、外の寒さ...


記憶に住まう狐の話〈4〉
2018/10/21 10:43:33 白の人 2

森は、思っていたよりも歩きやすかった。 ピチピチと鳥が鳴いていて、それでも...



雑談 イラスト バトン 友達募集 拡散 質問 必読 自己紹介 企画 久しぶり 拡散希望 初投稿 落書き 文スト ヘタリア 愚痴 刀剣乱舞