夏。(夏の話をするとは言っていない)

Today:1 hit、Yesterday:0 hit、Total:32 hit

Best : 28 , Updated:

.
お久しぶりです、瀬名です。


TwitterにいることがほとんどなのでやはりULOGが疎かになってしまう。なら辞めろと言われそうだが辞める気はない。何故だかたまに来たくなる。
最近の事と言っても特に書くことはないし、基本Twitterで言いたい事は呟いているのでわざわざULOGに来る必要もない気がするが、こんな独り言を長々と出来るのはやはりULOGくらいなのでのんびり気ままに続けることにした。ちなみに異論は認める。
話は変わるが私は小説が好きだ。
見るのは勿論下手な文字を綴り物語という名の黒歴史を生み出すのも好きだ。いや黒歴史を生み出すのは別に好きではない。何故かは分からないが気が付いたら生み出しているだけ。
先日も暑さで頭がやられたのか自分を新撰組の隊士だと思い込み「一つ士道に背く間敷事」と大声で叫んでいた。今思えばただのやばいやつにしか思えないが、あの時は朝から夕方までうちの隣で工事をしていた所に暑さというダブルパンチできっと正常な判断が出来なかったのだろう。
厨二病だとか頭がイカれたやつだとかそういう訳では断じてない。断じて。
とまあそれは別の機会にするとして、とにかく小説が好きなのだ。
初めて読んだまともな小説はおそらく『鉄道員(ぽっぽや)』でそのすぐあとに読んだ『銀河鉄道の夜』があまりにも面白く当時の私はひたすらに宮沢賢二さんの小説を読み漁っていた。
これが私が小学三年生の時のことなのだが、私の母は小学一年生の頃にはそれと同じ文字量の小説を読んでいたらしいので流石「本があれば生きていける」と言うだけあるなと感心した。
そしてその次の年、私が小学四年生の事である。今の自分があるのは確実にあの時の自分があるからだろう。(などと当たり前の事を言ってみるがこう言ってみると少しロマンを感じる気がするのは何故だろうか?)
そう、歴史。ついでに言えばこの時期宇宙についても調べまくっていた。(宇宙に対しての恐怖感に打ち勝つため)
だが正直言えばこの時の私は歴史や宇宙に興味はあれど嫌いだった。まず訳がわからないし読めば読むほどこれはなんでだ?と疑問が増えるからである。
今でもこれは変わらずなのだが、あの頃に比べればましになって…はいないが理解する力は付いたと思う。
さてそんな私が歴史や宇宙の小説を読むようになった理由はとても簡単。
悔しかったのだ。
何が?意味を理解出来ずただ頭を抱えることしか出来ない自分が。
そこからは取り合えず手当たり次第歴史、宇宙と付くものを読み漁った。すると不思議な事にいつの間にやら内容を理解出来るようになっていたのである。なんだ、分かってしまえば簡単ではないか。
という風に知識が増えていくうちにそれ以外のジャンルの小説も色々と読むようになり毎日図書館に通うようになっていた。(閉館までいたので司書さんに顔を覚えられていたんだと思うが何故だかその時の自分はそんなこと考えもしなかったというのは余談)


という所で文字数が1000を越えていることに気が付いたのでここら辺にしておこうと思います。
続きは書くかもしれないし書かないかもしれない。気まぐれなので突然続きを書くかもしれない。

それでは、じゃあな~~
(人のこと言えないが最近ULOGに来る通知が少なくて寂しい)
.

瀬名くん/舶


Flag post / Block



You must be logged in to comment : Sign in


お友だち募集
瀬名くん/舶 3 6

. どうも、瀬名です。 お久しぶりのお友だち募集。 *基本情報 名前»瀬...


雑談。お久しぶりです。
瀬名くん/舶 5

お久しぶりです、どうも瀬名です。 全然ULOGに浮上していなかった。 Twitter...


だいたい一年と雑談
瀬名くん/舶 2 4

どうも、瀬名です。 ULOGを始めてだいたい一年経ちました~ 特に何かあるわけ...



雑談 イラスト バトン 拡散希望 大自然の魔女 お知らせ 友達募集 琥珀糖の駄菓子屋 お誕生日おめでとう うちの子 自己紹介 wrwrd 幸登の缶コーヒー 初投稿