逃走劇

小説
Today:2 hit、Yesterday:2 hit、Total:140 hit

Best : 24 , Updated: Sep 24, 2022, 4:50:49 AM

✎ܚ








「俺な、この世界が酷く息苦しく感じてしまうねん。」












唐突な告白であった。





“この世界が息苦しい”それは僕も同じだ。





でも






「だから?」





「じゃあどうするんだよ」






なんて、冷たい言葉ばかり出てきそうで、彼を傷つけてしまいそうだったから、口を紡いだ儘、彼の話を聞く。










「まあ、世界というよりかは学校とか、親だとか謂わば世間が息苦しく感じるだけなんやろうな」










彼は苦笑いを一つして僕に“そう思わへん?”なんて問いかけてきた。








全くもって、その通りだ。







この国“二ホン”は僕たち“性的少数者”にはあまりにも冷たすぎる。









「ね、なんで急にこんな話なんてするの?」









口を開けて、言の葉を発した。





そうすると、彼は“待ってました!”なんて言わんばかりに笑い出す。





急に笑い出され、僕の中に謎が走った。





しばらくの間困惑していると、彼が口を開けた。











「俺な、ジブンとならどこへでも行ける気がするねん」























「一緒に逃げ出してしまおうや」





















この言葉が、僕には何よりもうれしかった。







彼と二人だけで、逃げて、生きて、死んでいく。






あっという間に想像がついた。




返答はもちろん












「いいよ」







「面白い考えじゃん、最初で最期の反抗ってことでしょ?」











彼は笑って頷いた。










「ーー逃げ出すのは明日でええか?急やから無理だったら日にちずらすわ」









確かに、急だ。





だけど、こんな世界から逃げ出せるのならば急だって構わない。




しかも、僕にとっては“好きな人”と二人で逃げ出すチャンス。









「早いなぁ、でも構わねえよ」









なんて、笑って答える。









2022年、9月24日。








僕たちの逃避行が決まった日。













「ほな、今日はもう遅いし持ち物はメールで送るわ!!ほなな~!」










満面の笑みで僕にそう告げた彼、そんな彼に僕も笑顔で応える。









「うん、また明日。」









































これは










強い絆や信頼関係を持つ人にのみ恋愛感情を抱く“デミロマンティック”の僕



















心の性と体の性が一致していない“トランスジェンダー”の彼








との











逃避行の物語である。
































※ この作品は実際の人物 、 出来事とは関係のないフィクションです ※






※ また 、 性的少数者に対する差別的な意図はございません 。 ※

びやつこ


Flag post / Block



文才が欲しい今日この頃 。
好評だったら第二話書く 。 第二話ほしいひといいね ☞


びやつこ
Sep 24, 2022, 4:52:18 AM Flag Link


You must be logged in to comment : Sign in


適当に歌詞
Nov 5, 2022, 9:38:52 PM びやつこ 4 10

無題 ーーー前奏ーーー あなたはダレ? ボクはカレ 対面し...


ボカロっていいよね
Nov 5, 2022, 10:46:29 AM びやつこ 15 11

唐突にやりたくなったから . 自分勝手ですまん . 企画やろうと思いま...


にひひ
Nov 4, 2022, 9:31:55 PM びやつこ 16 13

*いろいろ超longバトン* *お気に入りの画像5枚* [...



雑談 ともぼ イラスト #全人類が猫を崇める日 友達募集 初投稿 御友達募集 #ふわふわメレン誕生 拡散希望 お知らせ バトン 把握会 #雑談