【スプラトゥーン2】①私がそれを持つ理由

小説 オリキャラ スプラトゥーン
今日:4 hit、昨日:2 hit、合計:137 hit

最高ランク : 8 , 更新: 2018/07/12 10:59:04


・オリイカが出てきます。
・オネエ口調の人が出てきます。
・テンションだけで書いています。

ご注意ください。

+-+-+-+

ああだめだ、間に合わない。そう思って振り返った時には遅かった。眼前にまで迫ったダイナモローラー。リッター3kを構える間もなく、私は重圧と共に消えていった。

「おいお前!キルできないならチャージャー持つんじゃねえよ!!」
「ご、ごめんなさい……っ」
「あーもう、マジ最悪。アンタのせいで負けちゃったじゃん」
「初心者のくせに調子乗ってリッターなんて担ぐなよ」
「……ごめんなさい…………」

怒りを込めた鋭い視線に負け視線を逸らす。視界が歪んでいき、涙を堪えるように唇を噛んだ。
私のせいで負けたのに、私が泣いてはいけない。泣きたいのは私のせいで負けたこのイカたちなのだ。

「そう落ち込むなよリタ、どうせみんな最初は初心者だろ?」

解いたゲソをまとめ直しながら涼しい顔でそう言ったのはボールド君だった。先程のナワバリバトルで彼に何回キルされたのか、正直よく思い出せない。ダイナモローラーで叩かれたせいなのか、単純に数が多すぎただけなのか……

「そーだよリタちゃん!ボールド君の言葉はアテになんないけど、アタシだって足引っ張っちゃたし!」
「けどアンタはまだ塗れてたでしょ、ローラ……」

大丈夫!!そう私に言葉をかけてくる少女ローラは、私の両手を包み込み、心地よい温かみを分けてくれる。けれど、今の私に必要なのは慰めでも激励でもない。

「!いきなりどうした?」

ガタッという椅子の音に驚いたボールド君が目を丸くしながら尋ねる。

「ブキチのとこで、ちょっと練習してくる」
「あっ、じゃあアタシたちも……」
「来なくていい、一人の方が気楽だから」
「おいリタ……!!」

2人にはきっと分からない。チャージャーは、他の武器とは違うんだ。心の中でそう叫ぶ。自分が出来ないだけなのに、二人に当たるのは間違いなのくらい分かっていた。

けれど、腹の中を疼く感情を、どうしていいか分からなかった。

5歳児な初心者


投稿を違反報告 / ブロック



すごく、、、、、凄いですね、、、(語彙力)
フォロー有難う御座いました、宜しくお願いします。


紫乃
2018/07/13 5:29:19 違反報告 リンク


紫乃様>>

コメントありがとうございます……あんまり文章書くのは得意ではないのですが、そう言って頂けるのは嬉しいです。


5歳児な初心者
2018/07/13 6:24:03 違反報告 リンク


コメントをするにはログインが必要です : ログイン


占いツクールではみんなドMでいようよという話
2018/08/02 12:56:33 5歳児な初心者 1 7

お久しぶりじゃないかもしれませんが物語更新の多かったのでお久しぶりでお願いし...


【スプラトゥーン2】私がそれを持つ理由④
2018/08/01 7:19:54 5歳児な初心者 2 5

何度も書いてるのでもう省略 気をつけてください。 +-+-+ 「だって、なんの理...


文章まとめ
2018/08/01 7:23:33 5歳児な初心者 3



雑談 イラスト 友達募集 いいね 企画 自己紹介 バトン 初投稿 お知らせ SEVENTEEN 質問 歌詞 バンドリ