めっちゃディズニーと劇の話する

ディズニー
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:33 hit

最高ランク : 6 , 更新: 2018/11/08 9:35:06






今日はそれだけです。

どうもこんばんは!醒ヶ井です。めっちゃ最近寒い!以上!さあ本題だ!
今回はめっちゃディズニーと劇の話します。

「え?前にその話してたよね?」って?うん、した。したんだけどね、こう、事情があるといいますか、前の投稿の文章が下手過ぎて見るに耐えず消してしまったといいますか、はい、とにかくそういうわけです(投げやり)
あと普通に語りたくなったというのとこのままではヒプマイの話ばかりになってしまうので2つまとめて書いちゃおうというわけです。文字数も稼げる。完璧☺
いつも通りの文章です。最後らへん適当になりそうですががんばります😊😊



まず劇の話!
このまえしましたねえ、「柿喰う客」の話ですん。

先日傷は浅いぞを見直したのと、変身という劇を見ました。
変身の方は高校生の美術鑑賞会?てきな?やつだったみたいですが、圧倒された人も多いんじゃないかなあ。なにせ最初の挨拶も工夫しちゃうものだから、くすくす笑ってる人もいたし、驚いてる人もいたと思うんだけど、そんな挨拶も特別なものにしてしまう柿喰う客。さすが。

お話はタイトルの通りだいたい「なにかに変身してしまう」という話なので演技力が問われるのではないかなあと思いながら見ていたのですが、やっぱり上手いわ。どんな劇でも変わらない力強さがあって、お話もしっかりとおもしろい。女性の方が少年役をやっていたのですがそれほど違和感がなくてビックリ。凄く上手かった。
一応3話(?)に分かれてるっぽいので、3話目のお話をします。

3話目はフランツ・カフカの「変身」を演じていました。タイトルを見た時カフカをすぐに思い出し、これを演じるのかな?とぼんやり思っていたのですが最後にもってくるとは。
個人的にカフカの暗い雰囲気がだいすきだったんですが、この劇ではどこかコミカルに、ギャグも添えつつ、だけどカフカの雰囲気も忘れずにいられるような演じ方をされていて、こんな変身もいいなあとおもいました。
台詞をたくさん混ぜて、まるで音楽のように私達の頭の中に入りこんでくる、その力強い声とどこか不気味なその雰囲気のなかでの不安定なギャグがいい気味の悪さでよかったです。
そして物語が突然に終わる。まあその後味すら残さない感じがまた良いんですけどね!
いや〜おもしろかった。生で見たかったな〜きっともっと良かったでしょうに。


あと1つ。傷は浅いぞの話。
この劇が私めちゃくちゃすきでたびたび見返すんですがやっぱりなにがいいかって愛弓ちゃんがとことんいいのよね…

どういうストーリーかといえば、変人でプロデューサーにキチガイと呼ばれる新人アイドル・矢衾愛弓ちゃんと、その愛弓ちゃんのプロデューサー・勘平さん、そしてその愛弓ちゃんを含める新人アイドルを潰そうとする「電波ガールズ」の番組ディレクターとあとひとりどう説明すればいいかわからない人たちの過去の話です。
過去の話というか、まあいっぱい詰め込まれてますね。あと今見返したら説明意味わかんなすぎて草😊

そして矢衾愛弓ちゃんのお話なんですがねえ、愛弓ちゃん頭おかしいんですよ。まじで。どこが可笑しいかはもう見てもらった方が早いので言いはしませんが取り敢えず私は愛弓ちゃんすきです。
愛弓ちゃん、実は結構暗い過去をもっています。なんですけど、その暗い過去を引っ張っても自分は自分であり、自分はアイドルで、自分は自分が大好きなんだ!という気持ちのもと奇行に走りますがまあ誰にもなんにも全く屈しないのがものすごく清々しい。みてて気持ちいいくらいのナルシスト、変人具合。

ぶっちゃけ皆変人なんですけど、最後の部分でもっと変になります。勘平さんだけがまとも。でもクライマックス、驚きです。ぜひ見てください、愛弓ちゃんを見てあげてください!☺


柿喰う客の劇はもっとみたいなあ…天邪鬼、いい感じに狂ってて良さそうですね、ふふ。やっぱり柿喰う客の浮世離れした感じが私はとってもすきです。
やっぱり不思議な世界観っていうのは誰でも虜にしてまいますね。




次はディズニーの話!
最近手下が終わったばかりで傷心(実際そんなに傷ついてはいない)(悲しくはめちゃくちゃある)していた私。最近好きになったアトモスももう終了しているという始末。正直言って終わりすぎじゃないかとは思いますがまあ年号が変わるので仕方ないところはあります。なので次の新しいアトモスに期待しよう!というわけで!

アトモスの紹介をするよー!ヒューー!!!!
もう終わっているものばかりですがイベントの紹介もしようと思う。もちろん手下もする。
終わってしまったものはしょうがないけれども存在は確にそこにあったのですからやっぱり知らなきゃ勿体ないと僕は思うんですよ!なので私は布教をやめない。どうぞハマってください。


まずアトモスとはなんぞ?という話ですがアトモスというのはアトモスフィア・エンターテインメントのことで、ディズニーランド・ディズニーシーの楽しみ方を教えてくれたり、ここにいけばこんなものがあるよ!とガイドしてくれたりするちょっとしたショーのことです。時間通りにすればディズニーランドやディズニーシーのランド内でやってます。
イベントというのはご存知の通りファッショナブルイースターやヴィランズワールドといった大規模なショーのこと。まあこれもアトモスと言ったりしますが主にこういうものです。


まずアトモスから紹介しますね。

ひとつめ。「ウェルカムフラワーバンド」
これはどういうアトモスかというと、音楽に合わせてランド内のエリアに咲いている花を紹介してくれるアトモスです。
リーダー兼指揮者のサンフラワーさんが主に紹介します。衣装も季節のお花を感じさせてくれるような衣装になっています。

普通に見ている人に話しかけたりメンバー内でのちょっとしたお喋りも含まれているのでたのしみながら穏やかに見れるとおもいます。
よくサンフラワーさんがいじられます🌻

3月にもう終わってしまいましたが最後まで素敵な時間を過ごさせてくれるすごいいアトモスだったと思うので動画を!ぜひ!あるので見てください!!!(必死)
メンバーの人も個性豊かなのですごく素敵ですよ〜。見なきゃ損ですよ……損ですよ……!!(念押し)
こんなに穏やかな気持ちになれる時間ないなと思います……☺
朝だと「いってらっしゃい!」と優しく送ってくれます。うう、やさしい。



そしてふたつめ!「ジップンズームガイドツアー」
個 性 的 。
こちらはディズニーランドをもっと楽しく回るためランド内のいろいろなことを教えてくれるアトモスです。

主にヒトコトさんというひとがよく喋り、パントマイムのダイドーくん、そしてテーマごとの曲をバイオリンで弾くオトワさん。
なんと1分でアトラクションを全部紹介できます。

ヒトコトさんがめちゃくちゃ早くしかも噛まずにアトラクション名をいっていき、ダイドーくんがアトラクションを激しくパントマイムで表現し、その横で優雅にバイオリンを弾くオトワさんの図は凄いですがめっちゃじわります。

ダイドーくんのパントマイムは物凄く激しいですが普通に上手いしなんとバク転のようなものもします。ちなみにディズニーの映画のストーリーの解説をするときもダイドーくんがキャラクター全てやりますし、ヒトコトさんの解説もうまく、そこにオトワさんの音楽が……!個人的には白雪姫とアナ雪の再現でゲロ笑いしました。ほんとうにおもしろい☺

オトワさんはディズニーの曲余裕で全部弾けます。全部分かるのがすごいしバイオリンをめっちゃ動きながら弾けます。SUGEEEEEEEE!!!!
ヒトコトさんはよくツッコミをいれますし話を長引いたりしますが時間内に必ず終わります。

ウェルカムフラワーバンドと時間が被ってしまうこともあります笑

こちらも終わってしまったのですが、最終日の最終回、なんとパレードでも始まるんじゃないかというくらいの満員ぶり。本人達もビックリしていました。やっぱりそれくらい愛されているということなんでしょうね…!またいつか会いたい……_(┐「ε:)_


アトモスはこんな感じです。少なくてごめんね…🙇



次はイベント!
個人的に大好きイベントを集めました。


ひとつめ。「ディズニーヴィランズ手下リクルーティング」
10月31日、満員御礼のなか終了しました。本当に満員だったみたいです。
こちらはディズニーシーに秋で行われているディズニーヴィランズの手下のイベント。つまりですね、フック船長の手下の"ホック"であったり、アースラの手下の"エイトフット"であったりと、オリジナルではありますが魅力的なキャラクター達のリクルーティングです。

ちなみに司会はMr.VとMs.スキャターが主ですが、Ms.ヴィーラとMr.ポライト、というのもいます。司会も大人気☺

全員紹介したいところではあるんですが何分人数が多いので、個人的に好きな2人をご紹介します(これで興味が出てくれたら良いのですがね😊😊)



まず1人目、先ほど紹介しましたが、リトルマーメイドのアースラがマスターヴィランズのエイトフットのジョー。
蛸が元の姿なのでスーツにタコ足がついています。本数が多いのは言わないやつです。そして蛸のように伸び伸びと動きます。(めっちゃ手首細い)
気だるいキャラかと思えばゲストやほかの手下にキレまくるキレキャラで、マイクはV系ミュージシャンみたいな持ち方をします。喋り方もゆっくりだるく喋りますがこのまえ中途半端なところで噛んでしまって他の手下からめちゃくちゃに弄られていました、ギャップ良いですね☺
あと見かけによらず声が高め(だと思う)。

最終日の口上では「ヴィランズにも友情はある」「ヴィランズは不幸になる、お前らは引き返せ」など結構確信的なことをいっていたので個人的にウワーッッ!!(悲鳴)となりました。だってねえ、今年は去年よりたくさん笑ってたし、すごく楽しそうで、みんなと仲良くしてたからこんなこと言われたら泣いちゃいますよね!?(???)
私はエイトフットがだいすきです、1番かっこいいね💘


もう1人は女性キャラ。ノートルダムの鐘のフロロー判事がマスターヴィランズのヴェールちゃん。(どちゃくそにかわいい)

鐘が元の姿で、フロロー判事に貰ったベルがお気に入りでよく鳴らしていますが手下達にはうるさいと言われているみたいです、私はすきだよ😊
お嬢様口調でオペラがとっても上手ですが口上をしている途中に歌が止まらなくなったり、すこし天然なところがあったりと、とってもかわいい子です。ちなみにホックと仲良し。
かわいい子、といいつつ、根はヴィランズなので時々本当にヴィランズそのものの顔をするのでこの子に1番強く頭を殴られたようにかんじます。みんなギャップ強いなオイ!!!!

最終日の口上では「私が鐘に戻ってしまうように、魔法はとけてしまうもの。でも貴方達は魔法なんて使わなくても大丈夫ですわね?」「私はノートルダム大聖堂の上から貴方達に神の御加護があることをお祈りしています」といい、そのあと「God help」という歌をうたってくれました…最後まで素敵で、この言葉を聞いたあと、ずっとこの言葉が離れませんでした。ヴェールちゃん、最後まですごく素敵でやさしかった。


物や動物が擬人化されたものなのでどこか元のものを匂わせる衣装……最高ですね。凝っててとってもすてき。
あとみんなマスターがだいすきで、時々マスターの仮装をしている人を見つけると飛びついていきます。そこがまたとてもかわいいし手下感があるんですけど、エイトフットは何故かアースラ様の名前を出されると怖がりますしアースラ様のグッズをつけているのを見ると「そんなもん付けんなよ!」と怒ります。まあ、元はアリエルの声奪っちゃうくらい凶悪なんでね……こわいよねそりゃね……

本当に生きがいというくらいだいすきなショーだったので終わった時はとても悲しかったですが、本当に素敵なお別れでした。素敵な悪夢を4年間どうもありがとう!👑



次!「ファッショナブルイースター」
通称ナブル。春のイベントで、4人のデザイナーが自分のデザインした衣装を紹介(というか自慢)するという簡単にいえばこんなイベントです。ちなみにデザイナーのテーマごとにモデルキャラクターがいます。チップとデールやホセパンなどなど。

この4人にはそれぞれテーマがあって、どれも素敵ですし、4人自身も素敵な方が多い。けれど4人とも自分のテーマが1番良いと思っているので他のデザイナーを見下した発言などもしていまいますが、最後にはミッキーとミニーに絆され、仲直りします。ミッキーとミニーちゃんパワーさすがですね、いつかグリしにいきます(関係ない)


そしてメンバー紹介✋
(なんだかこれをしてるとテレビ番組の宣伝をしてるみたいだと思ってきたぞ!)


1人目がグローリア・デ・モード。
彼女のテーマは「アール・ヌーヴォー」という青や紫を基調として、オレンジ色のフリルなどをつけて、男女ともに上品なデザインです。

彼女自身とても高飛車な性格で自信家なので、他のデザイナーを「その他3人」といったりすることも…上品な方ではありますが、他のデザイナーが割り込んでくると頬を膨らませて怒ったり、かわいい場面も。よくグローリア嬢と呼ばれたりします。グローリア嬢SUKI。とくに声が本当にすきなんですよねえ〜!素振りも気品があります😇

なんというか、個人的には我儘なお嬢様感があるのがとってもかわいくてすきです。もっとお嬢様感だしていってほしいですね😊



2人目がカルロッタ・マリポーサ。
彼女のテーマは「マジックリアリズム」 というどこか不思議感とシニカルさを感じさせるような上品でしかし悪役のような雰囲気が漂うファッションです。

彼女自身は堂々たる佇まいでやや高圧的な態度をとり、プライドの高い人物ではありますが、他のメンバーやマジックリアリズムのモデルキャラクターの暴走を止めたりするお母さんのような1面があります。優しく包み込んでくれる感じがある。

モデルキャラクターにパンチートというキャラクターがいるのですが、紹介するときに「パンチート・ロメロ・ミゲル・フニペロ・フランシス・クインテロ・ゴンザレス」とまさかのフルネームを全部言います。しかも噛まない。そしてフルネーム全部書けた私もすごい(???)

蝶の片羽をした仮面を左目につけており、もしかして元の姿は蝶なのでは?と言われていますが真実はわかりません。でも本当にそうだったらとっても素敵ですね!✨



3人目がP.A.オーシャン・シーマリン。
彼のテーマは「アクアポップ」!海を感じさせるポップでかわいいファッションで、衣装には海の生き物が至るところに取り付けられています。

彼はとてもテンションが高くノリがよく笑顔が絶えない男性で「胸がポプポプするだろう?」「ポップじゃないね!」「さあみんな、ポップにいこうぜ!」「ポップポップポッ〜プ!」など、しつこいくらいにポップを強調してきますが、モデルキャラと遊びまくったり子供っぽい面も目立ちますが、笑顔がとってもかわいくて私はだいすきです……オーシャンかわいいね…👌

自己紹介のとき、「20個もあるの!」というセリフをいいますが、このセリフはリトルマーメイドのアリエルが パート・オブ・ユア・ワールド という曲をうたったときにあったセリフです。
(ちなみにエイトフットといとこらしい)

オーシャンも元の姿は人魚だったのでは?といわれています。エイトフットと遊んでたりしたのかな……自然も笑が零れますね、微笑ましい光景😇


4人目がヒューゴー・ヴェルジュール。
彼のテーマは「スチームパンク」!少し錆びていて、機械感のある小物がたくさん取り付けられています。大人のファッション感があるので私はとってもすきです。

彼はとにかく熱く野心家ですが14年間ミステリアスアイランドで引きこもっていたという引きこもり設定。そこがいいところ!そしてみんなと同じように自分に1番自信をもっていますが、最後の場面で1番優しく、分かちあった発言をします。う〜〜んギャップ!とてもいい!

喋り方も雰囲気もとってもかっこいいですヒューゴーさんは。ちなみにヒューゴーさんのBGMはディズニーに珍しいロック調の曲が聞けます。
しかしオーシャンがみんなで踊るアクアポップダンスというものをやるのですが、そのとき1番キレキレで踊ったり、「最後はうさぎのポーズで決めよう!」のところで頭にうさ耳をしたり……くそ、お前絶対自分がかわいいことを理解したな。いいぞもっとやれ。







なんだか語りすぎちゃって文字数が大変なことになってしまったので、ここらへんで止めておきますが、この他にもクリスタルウィッシュジャーニーやスプーキーBooなどたくさんいいショーがあるので行く人はぜひショーをご覧下さい〜!
アトモスなどのゲストへの優しさといいますか、楽しませてくれるディズニーのささやかな気遣いがさすがだなとおもいます。
きっと、いつか夢の国へいけたらいいなあとおもいます……グリ撮りターイ!!!!(本音)

劇もとってもいいですよ。寒くなってきましたねえ、みなさん、演劇でも見に行きませんか。



ではでは!

醒ヶ井


投稿を違反報告 / ブロック



フォロー失礼します……😌💕

友井
2018/11/08 10:34:22 違反報告 リンク


友井さん〜〜〜!!!気づかれた〜〜〜フォローありがとうございます💓
友井さんの投稿もこっそり見てますよ…ふふ……🙇


醒ヶ井
2018/11/08 23:36:24 違反報告 リンク


コメントをするにはログインが必要です : ログイン


しんどすぎた初心者の話
2018/10/24 12:51:36 醒ヶ井 3

こんにちは、醒ヶ井です。 今日はもうすぐに本題に入っていきたいと思います! ...


いろんな話
2018/11/06 10:14:58 醒ヶ井 4

画像は銃兎くん絶対舌ピしてるでしょ、わかってるんだからね!!の意を込めての絵...



雑談 友達募集 初投稿 バトン 拡散 拡散希望 イラスト 自己紹介 企画 BTS ヒプマイ #雑談 バトン! 作詞 ペア画 歌詞