【小説】憎悪と醜悪の花束(暗黒注意)

神の風をふかしにきたぜ! 小説
Today:1 hit、Yesterday:2 hit、Total:126 hit

Best : 20 , Updated:

俺はいわゆる、
何でも出来る奴、だった。
運動も、勉強も、文化系統も、頑張れば人並み以上にできた。
でも、こんな自分にも越えられない壁が存在した。
それが「人気」。
ある一定のブログユーザー、もしくは、動画投稿者の持つような人気。
そのような人気が、俺には無かった。
朝起きて、自分のブログを確認する。
またランキングは下の方。
上位にはいつも常連で入っている人気のブログユーザーがいた。
...糞が。
そう思いながら俺はブログを書き始めた。
こういう系で人気を得るためには「読み手がどんなものを欲しがっているか」を想像するのが大事なのだ。
俺はまた、思考を巡らす。
最近ブログ内ではやっている物、
皆の投稿に描かれている好きな物。
それらすべてを読み取り考える。
...決めた。
今日は小説を書くことにした。最近は皆の小説に対する関心が高まっており、視聴数もそこそこ稼げる。
そして完成した。
今回もなかなかの力作だ。
いつものごとくブログにアップする。
俺はまた、別の作業に入った。


※ ※ ※ ※ ※


数時間後、俺はまたブログを覗く。
自分の投稿を確認した。
...見えたのは、目を疑う光景だった。
投稿ランキング最高19位。
ついには自分の投稿は上位10位にも入らなくなった。
もう一度ランキング上位の投稿を見直す。
...その時、初めて気づいた。
上のやつらは、「人気のために投稿してるわけじゃなかった」
「ただ自分の投稿を楽しんでいた」のだ。
瞬間、心底腹が立った。
何故ただ楽しんでるやつが、人気の事を考えてる人間よりも人気でなければいけない。
俺はその場においてあったクッションに八つ当たりする。
現代社会ではこれを逆恨みというのだろう。
でもそれでよかった。いまはそうしないと何もかもぶっ壊れる気がしたから。


※ ※ ※ ※ ※


その日、俺はブログから姿を消した。
心底腹が立って、何もやる気がなくなったから。
でも、今でも人気に対する感情の火種は残っている。
俺は後ろを振り向く。

「なあ...お前、俺より人気だよな?」

「...その人気、全部よこせよ」


















...

......

...........

...衝動描き。はい。おつはや。

神風はやと@最終回。投稿済み


Flag post / Block



えっ……と?
大丈夫か?
俺神はやさんの投稿大好きだよ!
宣伝しておこか?
俺もそこまで高いとこにいるわけじゃないけどね


メレン@エタフェア所属
Flag Link


んさぬーりま>大丈夫です。ありがとうございます;

神風はやと@最終回。投稿済み
Flag Link


バグっとるやんw
宣伝はしとくね


メレン@エタフェア所属
Flag Link


あ〜ね…
1日投稿しなくても人気な人ってユザランそこそこのとこに居るよね。
まぁ僕自体も、皆んなに色んなことを共有できて楽しいし、皆んなの投稿を見るの好きだからウログやってるんよね


零(ゼロ)
Flag Link


んさ零>まぁ、ただの衝動描きなので、気にしないでもらって

神風はやと@最終回。投稿済み
Flag Link


初コメ失礼致します。
いつも陰ながら応援していた者です(ストーカーじゃないですよ!)
あ、フォローありがとうございました。
神風さんが書く小説の感情の表現の仕方が本当に好きです()
これからも頑張ってくださいませ!


彩葉
Flag Link


彩葉さん>ありがとうございます。フォロー失礼しました。
タメokです。小説に評価いただきありがとうございます。
これからも頑張らせていただきます


神風はやと@最終回。投稿済み
Flag Link


You must be logged in to comment : Sign in


【小説】最弱の青年と最強の機械少女[後日談3:これからもずっと]
神風はやと@最終回。投稿済み 9 7

私達が人間として生き始めて70年。 私の体はもう老いきっていた。 祐司はもうそ...


その果てに俺は何を望むのだろうか※FF様必読でお願いします
神風はやと@最終回。投稿済み 11 8

承認欲求が酷すぎた俺はただ宛もなくさまようだけだった。 自分は誰かに評価され...


【小説】最弱の青年と最強の機械少女[後日談2:本当の幸せ]
神風はやと@最終回。投稿済み 3 7

俺が家に帰ってから数日後、相も変わらない生活をしていた。 IAも積極的に仕事に...



バトン 雑談 イラスト 初投稿 友達募集 stpr 企画 歌い手 #歌日和 お知らせ 鬼滅の刃 #今日も音と一緒に。 自己紹介