紅塵を思って、浅歓の瑠璃

Today:1 hit、Yesterday:0 hit、Total:5 hit

Updated:

私は波止場に立って、足元は冷たい石板で、遠くは流れる川の水だと思っています。 1つの孤独な漁火遊離寒風の中で、1程の夜の色を漂って、1篇を読んでなくなる。 考えの中の1ページの往事、疎開している安染浮塵、平仄して心緒の長い蕭落、水、波、風。
ぼんやりした顔を読んでいると、隠れたり現れたりする。 谷間の小道で手をつないでささやいているのかもしれないし、湖のほとりのまっすぐな荷のとがった粉立ちのかもしれないし、漁火の中の軽いゆらゆらとしたのかもしれないし、ろうそくの火の丸く白い歯のキスのような温かみのかもしれない。 横笛の心臓、長い尺八の音、すべての掌の上に霧雨のおぼろさを植えて、古町のゆっくりとした香りを漂わせている。 風干の記憶の中に、かつての物語、風月が揺れている。文字の流れる海に集い、月日の静かな夜の光をまだらに咲かせている。 月の色、暗い香り、青々とした石畳の道が、思いをいっぱいにしている。
一川は水が流れ,一行程は山並みである。。 長い一篇の心の言葉を書いて、横に春はますます桃色になり、斜めに夏朗盛火を染め、霜降秋紅楓叶、冬には氷花吹雪。 振り返った道、また見た山、杯を持って考えて、字を捻るのは詩行です。 おぼろな町の中で、幾多の夜の闇の中の抱擁を包み込み、幾多の枕嵐の耳元のささやきを満ちぬいた。 1曲の静かな音が、窓に寄り添って、そっと落ちて、青花傘の夢を起こしてしまうのではないかと心配しています。 花が葉を継ぎ、夜は星を染め、小さな町の長い縁側に迷いながら、遺梦の三日間の物語を語る。
かつて、路地から花が生えていた。 一つ一つ,一つ一つ,一つ一つが夕焼けの思いの中に落ちている。 西に流れる云煙、雨、落ち葉、重彩の詩行を執筆している。 流水のせせらぎに沿って,小舟は尽き,涙の中で漁火を沈め,一本オールを垂らした。。 年の流れの冷たい風の中で、短冊の字が痩せて、風は悲しそうな蒼白に乾いた。割れることができない真情、消すことができない骨身に染みる、冷たく封殺された千のような柔情、氷に深く埋められた万のような温かみ。 口では気にしないと言っているが,心の中で血を流して 読み上げる光が、窓格子の影に降り注ぐ。
一面に散っているモクセイの花は,一つひとつの考えを書いている。。 花の咲く木綿に、南国の赤いさくらんぼがつづられている。 真っ赤な丸い実、山の斜面の緑の芭蕉を思いながら。 道を急ぐ風雨、はらはらと散る花、なぞなぞの落葉、なぞなぞの描けない輪郭、墨をかけた丹青、白飛びの繊細さ、雲の中にかかった一枚の絵、撒き散らした愛、蒔き散らした愛。 ある山水の中でかつて愛に出会い、ある川の流れの中でかつて愛を持っていた。 風を引いたり、婉曲に銀色を含んだりしている。
花の咲いた姿で、雲の風で、硯の池を読み、ゆっくりと筆をとり、机に酔いながら、蘭の間に寝ていた。 無理をして,花の傷を固める。。 散る雲は,風塵が果てしなく広がっている。 弦の涙を拭いて、音を正確にして、花の香りを弾きます。 不整脈を踏んで手を振って、さようなら、昨日の梦。 さようなら、昔の時代。 雨が夕日を抱きしめ,風が星を抱きしめる。 一路漫舞軽歌,本一巻墨香粉蓮。 青い花はまだ橋にいるが,小舟はしなやかに渡る。。 一隻の新しい待ちこがれや,月の光を読む。
星や月が点々と,心が清らかに楽しく読める。 かつての短冊を切って、それに乗って落ちる。 再び一江の春の水を拾い,東には言葉が蒼蒼としている。。 春嵐は窓に依り、流れる水の顔、秦の月を眺め、巫山漢の月を眺め、浅い歓喜瑠璃の中に浮世の塵を思い……

時田佑貴


Flag post / Block



You must be logged in to comment : Sign in


秋の葉のような詩
時田佑貴

振り向くと、秋の姿が見えました。 葉っぱの後ろに隠れて、かすかに顔色を変えた。...


女子高校生が本当に欲しい誕生日プレゼントって
時田佑貴

女子高校生への誕生日プレゼントは、なにを贈れば喜んでもらえるのか頭を悩ませて...



雑談 イラスト 関係募集 七夕 宣伝 企画 友達募集