✣ルーナ過去編設定🌙✣

OGRE-オーガ-企画 イラスト
今日:4 hit、昨日:5 hit、合計:197 hit

最高ランク : 2 , 更新: 2019/01/11 18:39:58

お待たせしました!
オーガの誕生にも深く関わる【ルーナ💫】の過去編についての設定まとめになります。

大晦日の投稿にあった伏線の話やヒントから予想はつきましたかな?((

良ければ自分の予想と照らし合わせて読んでみて下さいねッ!

(コメ欄でこういう予想してましたコメ楽しみにしてます←)







ワンクッション!!








それではよろしくお願いします!↓

💫ルーナ💫の正体

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F1%2Fa%2Fc%2F1acc5233b639ccdf8b6c30ed08042d71.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

ルーナは元々、天界に住んでた織物の女神様(の一人)です。

特に目立ったところはないが、慈悲深く頼れる女神様でした。
真名はもちろん『ルーナ』ではありません。漢字で長めの名前でした。

ルーナはこの頃から『人間』という種族が大好きです。とても愛おしいと思っています。

なぜなら、ルーナ自身が人間によって生まれた神様だからです。付喪神というやつですね!

数いる女神の中でも ルーナは特別、人間に対しての想いが強い方でした。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F7%2Fd%2F7%2F7d7447cdacd817ffc4ffc1d3ad31c110.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

天界にいた頃のルーナデザイン🌌
シンプルな感じで色は地味めに設定してます。羽衣ふよふよ~

犠牲🍂

現代から大きく遡ったある日、現世では突如増加した魔物によって人間が多大なる被害を受けていました。

それを天界から見ていたルーナは、あまりにも悲惨な状況にこのままでは人間が滅んでしまうのでは…と心配になりました。
同時にどうにかして彼らを守らねばという強い思いから、''ある行動''にでる。

自分より上の立場である『お上(おかみ)』に
『魔物から人間を守る新たな種族が必要だ』という事を相談します。

対しお上の答えは『それには''核''となるものが必要になる。誰かが 犠牲 にならねばならない』というものでした

それを聞いたルーナは、まっすぐな瞳で

『私が犠牲になります。』

とはっきりとした口調でお上に告げました。

周りの反対をものともしないまま、ルーナが【核】になることが決まりました。

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Ff%2F3%2F4%2Ff34b7eed13c3fa8a30c76951552af8c2.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

オーガの誕生🌱

核になるまでの過程

まずは、羽衣として身に着けていた『羽』を切り落とします。
※羽は普段何かしらに姿を変えて隠してます。ルーナの場合は羽衣ですね!
→羽を切り落とした事で今後一切、ルーナは天界に上がることが出来なくなる。
(羽を切り落としてほしいと頼んだのはルーナ)

''核''として心臓を差し出す→オーガ世界の基盤になる

両手を残して、その身体からは オーガの祖先である最初の''鬼''が生まれる。
→身体を五つに割き、男児:3体/女児:2体の赤子を残った両手で受け止めた。

【なぜ鬼の姿?】
→それまで人間に一番近しい存在だったのが、''獄卒鬼''だったからです。

あと『強かった』からというのも理由の一つですね!人間を守るのに''強さ''はある程度必要になりますからね…。

【名前】
羽を切り落とされたルーナの真名は、今後くちに出して発音する事ができません。
その為、『ルーナ』という名前をお上から貰います。

※天界には行くことが出来ないが、お上と連絡だけはとれる。

最初のオーガ5体の名前はルーナが付けた。
自分に新しく付けられた名前から関連して 5体全員に月の神様の名前を拝借して付けた。

(男:ソーマ、マーニ、シン/女:ディアナ、セレーネ)

最初のオーガ達🎇

この頃は現在のオーガたちとは違い、血を定期的に摂取しないと ひどく衰弱してしまう体質でした。

その為、最初のオーガ達(祖先)は 犠牲になった際に流したルーナの血で飢えを凌いでました。
人間の血は 人間から無理に吸血する事をルーナが嫌がったので、まだ取る事はしてないです。

紆余曲折ありながらも、オーガ達と協力して地道に取り組んだおかげで以前より争いごとが減っていきます。

裏切り👿

順調に栄えていくオーガ世界

そんな中、突如として現れたのが【悪鬼】です。

突然現れた身内の邪悪な気配にルーナ達は困惑。厄介な事にその悪鬼となったオーガは……













最初のオーガ5体のうちの1体でした。

最初の【悪鬼👿】について

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Fe%2Ff%2F8%2Fef89254e7e4e081a65ddac6c70b3221b.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

最初のオーガであり最初の悪鬼。悪の親玉ソーマくんです!((

彼は言葉巧みに不安定なオーガをだまし、『悪鬼』になるように仕組みます。

ルーナ(元女神)の一部から生まれ、ルーナの血で育った彼は、魔物をいとも簡単に手玉にとり自分の駒にします。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F4%2F4%2Fd%2F44dfab0d7e2f986f15cd8ee0b426cfe6.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

ソーマくんが悪鬼になった理由は、母であるルーナにあります。

彼を大雑把に説明するとしたら
【拗らせ過ぎたマザコンヤンデレ】です。

彼はルーナが嫌いで敵対しているわけではありません。
むしろ逆でルーナの事を想った結果が『悪鬼』になるという選択肢だったのです。

ソーマというオーガについて🍃

ルーナの呼び方は『母さん』。オーガ世界から離れた後、他の鬼や魔物の前では『ルーナ』呼び。

上に記載した通り、彼は母であるルーナが大好きです。
心の底から尊敬しているし 小さい頃のソーマくんは泣き虫くんで、よくルーナに泣きついてはあやしてもらいました。

ルーナの人間を守りたいという姿勢を素直にかっこいいと思ってました。

しかし、母さんの愛する『人間』というものを知っていくうちに
その身勝手さと醜さから人間に対して嫌悪感を抱くようになります。

『なんで僕が人間の為に何かをしなければならないのだろう?』

『果たしてこいつらに、母さんが守りたいと思わせる程の【何か】があるのか?』

考えれば考える程湧き上がってくる疑問の数々。


少しでも疑問が晴れればとルーナについて調べあげた資料には、彼女は天界の元女神であったが人間の為にその身を犠牲にしたことが書かれていた。

その事実を知ったソーマは、より人間の事を嫌いになった。


『人間は''母さんを苦しめる存在''だ』と。


あの母さんが犠牲になる程の価値が人間にあるとは到底思えない。

そしてすべてを知ったソーマは、人間を心の底から毛嫌いし、人間に害を与える『悪鬼』となった。

いままで母さんの血を頼って飢えを凌いでいたけど、もう母さんの血を、母さんの身を削るような事はしない。血は人間から好きなだけ奪えばいい。

自分達が母さんの血を啜って生きてきた事を知らない 馬鹿でかわいい兄妹達(残りの4体)にそれを告げ、ソーマはオーガ世界から離れていきました。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Ff%2Ff%2F9%2Fff9d4d09c3d1c3ec6431e63754dda607.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

ソーマくんの衣装デザインはこんな感じですかね…ボス感とは…🤔?

もしかしたら変更するかもです…🙏💦!

ソーマの側近👔

ソーマには側近がいます。あまり忠誠を誓う感じではないけど…。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F4%2F4%2F3%2F4435122432a20dbdd360631741b2d3a2.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

この前上げたこの『堕天』って書いてある子です。大ヒント!のやつですね。

この子は、ルーナがまだ天界にいた頃
『ルーナに想いを寄せていた神様』です。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F8%2Fb%2F6%2F8b6a55c011d1df2fda2cb8a339cff174.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

上は天界にいた頃の2人ですね。

彼は先ほども言った通り、ルーナに片想いしていた神様です。

あまり接点はなく、たまに話す程度の仲でしたが、ルーナのひかえめで温かく母性に溢れた雰囲気にひどく惹かれていました。

遠くで見ているだけ、少し話せただけでもすごく満たされていた彼ですが、ある日 彼女が人間の為に犠牲になるのだと知って慌ただしくルーナの元へと急ぎます。

着いた頃には 核になる為の儀式がすでに始まっており、彼女はもうすぐいなくなってしまうのだと悟った彼は ルーナの所へ決死の形相で駆け付けます。

そんな彼をお上は許すはずはなく、番人に抑えられてしまいます。

待って…!待ってくれ!君が犠牲になる必要なんかないじゃないか…!
頼むから僕から彼女を奪わないでくれ…ッ!

彼の想いは空しく、ルーナを、長年恋焦がれてきた彼女を目の前で失いました。

目の前で大切な彼女を失った彼は、人間や本気で止めようともしなかった天界のみんなを恨んでしまいました。

その結果 堕天とみなされ、ルーナが犠牲になった後に羽をもがれ下界に落とされました。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F0%2Fe%2Fb%2F0eb373bbf1365db5d6193551c5dc4faa.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

本来ならば、そのまま地獄に引き渡されるが 『ルーナを取り戻す』という目的(復讐)の為、命からがら人間界へ逃げ込んだ。

そのあとはソーマが勧誘にくるまで、人間界の山奥に身を潜んで過ごす。

もう後悔はしない。あの後悔を忘れるなという意味で『ルグレ(後悔)』という名を自ら名乗るようになる。

一人称…ルーナ限定『僕』/他:『俺』
二人称…  〃  『君』/他:『お前』

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Fe%2F4%2Fd%2Fe4d684ee88f88137cb21bee168a9246d.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

補足

説明が足りてない所の補足です。

【ルーナ】
・ルーナがやってきた事については、オーガの歴史学でも学ぶことはない。
→オーガのほとんどがルーナが元女神だった事は知らないし、ましてや犠牲になった事なんて知る由もない。

ソーマが調べたルーナについての詳細資料は、現在処分済みである。

オーガの祖先である4体は、ソーマが全部話していったのでルーナの過去は大体把握している。
特に口止めはされてないが、知られたくないという雰囲気は痛いほど伝わってくるので、口外はしてない。

→犠牲になった云々は省いて子供とかに あの方は神様のような方なのよ~っておとぎ話風に緩く伝えたりはしてるかもしれない。

・ソーマの話を聞いて、母さんの血で今まで飢えを凌いでたんだって知った残りの4体は、これ以上母さんが身を削らないように色々と研究した。
戦地や生贄で流れた人間の血も回収して保存するようになったし、濃度も段々と薄くしてそれに慣れるようにした。

・祖先オーガ5体は、女神だったルーナの一部である上に血も摂取していたので、他のオーガ達より断然強い。一番強いのは、悪鬼のソーマ。

・祖先のマーニとディアナ、シンとセレーネは それぞれ夫婦である。

・姉妹が大勢いた(姉の方が多い)。姉や妹たちは、みんな煌びやかで鮮やかな着物を好んで着ている。その為、ルーナに対し『地味』『もっと着飾ればいいのに』とよく言われていた。→悪気はない。
→ルーナはそれに怒る事は決してせず、『姉さん達の言う通り』『姉さん達はいつでも綺麗で羨ましい』『私には全然敵わない』と素直な気持ちで言ってる。

【ルグレ】
・人間>天界>オーガ…恨んでる。

・ルグレはオーガではないので、ルーナの''声''は聞こえない。

・ソーマもオーガではあるが、目的を果たす為に仕方なく側近として側にいる。ソーマを介してでしか今のルーナとの意思疎通がとれない。

・ソーマとはあくまでお互いの目的の為に利用し合う仲でしかない。

・経緯が経緯なだけにヤンデレっぽい。よく言えば一途。

・ルーナはお姉さん達より飛びぬけて綺麗だと思う。外見も内面も。

・布大切にしないやつ 許すまじ。

・天界にいた頃は目を前髪で隠して地味な見た目だったが、堕天してからは色々と整えたので、イケメンさん。ほくろがセクシーなんじゃぁ…。

・ピアスはオーガへの襲撃3回目、現ルーナとの初対面以降から付け始めた。

【ソーマ】
・小さい頃から母さん子。母さん大好き。

・他の4体がカップル組んでたけど、僕には母さんがいるから気にしないもん!

・オーガへの全面襲撃は計4回。最後に襲撃したのは1000年以上前。ルグレは3回目から参加してる。 そろそろ襲撃しようかな😏?

《テーマMEMO》
ルーナ→人間(大多数)の為に犠牲になる。

ルグレ→ルーナ(1人)の為に犠牲になる。
↕結局同じ
ソーマ→自分(巡り巡って母さん)の為に犠牲になる。

あとがき

以上がルーナの過去編になります!

皆さんの予想と比べてどうでしたか?意外な展開だったかな😸✨?
内容的には暗めな話でしたが、割りと気に入ってます…💪!

というかしれっと新キャラが登場…!
ま た 男 の 子 ! !←

まとめの残りページがあと2枚…!使ったなぁ…😦

読んでみて、ここどうなってんの?っていう箇所があれば気軽に聞いてください!

ではでは、ルーナの過去編でした!

新キャラのルグレくんとソーマくんもよろしくお願いしますね✨

どっちも敵キャラだけど…!((

未宇


投稿を違反報告 / ブロック



ソーマ様エロッ…
あとルールママの過去壮大…!
神さまだったのか…設定がしっかりしてきてオーガの世界観がはっきりして楽しいです!
これからも楽しみになりました!


空色
2019/01/11 19:12:13 違反報告 リンク


あと、年賀状良ければ描いたので
貰って下さい←やっと言えた!


空色
2019/01/11 19:13:19 違反報告 リンク


OGRE企画まとめ投稿のときのルーナ様、人っぽい輪郭が見えた気がしたんですが、やはり人型の姿があったんですね…!!
最初から最後まで集中して読んでしまいました…😳😳ソーマくんの捻れた愛がなんとも言えない…これからも敵対することになるんですね…😢😢😢
祖先たちはルーナ様の身体から生まれたとありましたが、今のオーガたちはヒトと同じ感じで生まれてくるのでしょうか??(どこかに書いてた気もしなくもない😌)
あとずっっと前から気になっていて、今回悪鬼側のビジュアルの公開されたということで質問なんですが、今後ルーナ陣営のオーガの募集だけでなく、ソーマ陣営(悪鬼)の募集をしたりすることはありますか?


はちみつ漬けレモン
2019/01/11 21:47:42 違反報告 リンク


空色さん⏩
ソーマくんえろっちぃです…鎖骨のほくろが良き👍💕←
ルーナの過去壮大です!後付けで考えた設定にしては上手く出来たんじゃないかと思ってますッ😆✨
今回でかなりオーガについて明るみに出たんじゃないかと…!
わぁ…ッ!ありがとうございます!これからも楽しんでいって下さいいぃ😂💕

あと遅くなりましたが、年賀状ありがとうございます!!!レーブルくん可愛い…!!着物似合っとるよ~ッ😍✨ !!表情がたまらなく可愛いです…🙏💖
私からの年賀状はもう少しお待ちを~ッ😭💦
今月中には出せるようにしますね!


未宇
2019/01/11 23:14:34 違反報告 リンク


はちみつ漬けレモンさん⏩
大正解ですッ👏👏!あの伏線は天界にいた頃のルーナでした✨画質荒いので分かりずらいかもですが、よく見たら口から血を流してるんですよ😼

最後まで読んでくれてありがとうございます…!
文考えながら長文書くのにめっちゃ時間掛かった…😂(6時間)← 休憩もかなり挟んでます🤔

ソーマくんは、人間がいなくなればルーナの負担もその分軽減すると考えてます。
母さんがこんなに身を削って守ってやってるのに、人間は知らん顔して間抜けな行動をしてるのがひどく許せないって子なんです😌

ルーナの為にルーナに反抗する。母を想っての行動なんです。その手段がどうであれ、最終的には母の為になると信じてます😢

身を割いて生まれてきたのは、祖先である5体のオーガだけです!あとは人間と同じように子を産みますよ😃❗

ハッΣ(´□`;)!なるほど…!敵陣営の子も募集するとかもありなのか…😦←
その案頂いちゃいます😆!どうせなら募集しちゃいましょ~ッ😋 簡単に倒されちゃうのもアレなので、ルーナ陣営も苦戦する強者で募集かけたいですね🤔💡


未宇
2019/01/11 23:48:12 違反報告 リンク


コメントをするにはログインが必要です : ログイン



🎍お正月イベ絵🎍
2019/01/07 10:21:34 未宇 4 23




雑談 バトン 友達募集 拡散希望 企画 OGRE-オーガ-企画 お知らせ 文スト イラスト 謝罪 おさかにゃ! 初投稿 自己紹介 Lotta×magica オリジナル