【小説】この世で一人の俺と君[01:いじめられっ子]

#白銀の狙撃手 小説 #この世で一人の俺と君
Today:2 hit、Yesterday:0 hit、Total:90 hit

Best : 2 , Updated: Sep 27, 2022, 12:47:37 PM


この世界は、普通じゃない。
そう気付くのは、遅くなかった。
この世界は、まれに何かしらの「力」を持つ人間が生まれてくる。
目に見える力を持っていたり、目に見えない力だったり。
そして、目に見える力を持った人間は...人に忌み嫌われ、挙句の果てにいじめられる。
俺の弟も、そうだった。
...俺の名前は白銀狂夜(シロガネキョウヤ)。高校1年生。
今日は高校入学という晴れ晴れとした舞台
だが、クラスではよくない思考が飛び交っていた。
俺の隣の席の、古明地さとり。
彼女は心の読める力「第三の目(サードアイ)」を持つ。
そして、サードアイは目に見えるのだ。彼女の体のいろいろな部分にサードアイにつながるコードが存在している。
そして、ここまでくれば察しが悪くてもわかるだろう。
彼女は、入学初日からいじめの標的にされていた。
当たり前だろう。普通の人間には存在しないサードアイなんて持っていたら、周りから忌み嫌われ、気持ち悪がられ、いじめの標的にされる。
分かっているだろうが、周りの人間に同じような人間はいない。
だからこそ彼女が標的にされるのだ
「...はぁ...」
俺は溜息をつく。
この後何が起こるかなんて、俺にはすぐにわかった。


※ ※ ※ ※ ※


入学式も終わり、みんなが帰ろうとしているころ、
さとりさんが男女を含めた複数人のグループに囲まれていた。
明らかにチャラい。自分の欲求に忠実そうなやつらの集まり。
さとりはそれに動じず自分の席にただただ背筋を伸ばして座っていた。
「ねぇさとりさん?ちょっと付き合ってくれない?どうせ暇だよねぇ?」
男の一人が彼女にそう話しかける。
断ればどうなるか、なんて考えたくもない。
さとりは静かに頷き、男女たちとともにどこかに行く。
俺はそれにこっそりついていった。
たどり着いたのは...屋上。
人気もなく、誰にも見られない状況を作るには最適な環境だった。
少し待つと、さとりと男が話し始めた。
「...私をどうするつもり?」
「強気なのは嫌いじゃねぇなぁ...」
「早く要件を言って」
「なぁに儀式みたいなもんだ...これから俺たちの遊び相手になるっていう契約。どうだ?素晴らしいだろ?」
「...最低ね」
彼女は、どこか対応に慣れていた
中学の時も似たようなことがあったのだろうか。
俺には知る由もなかった。
「...最低ねぇ」
「ええ最低よ。私たちのような人間をいじめることでしか自分を保てない。悲しい人間。私はそんな人間を何度も見たけど...こんないい年してそんなことをする奴は初めてね」
さとりはどこか煽るように言った
「...へぇー...そうかよ...」
男が拳を鳴らす。
俺は、考えるよりも先に体が動いた。
「...これからおもちゃになるやつが、そんな口きいてんじゃねぇよ!」
さとりの顔に拳が降りかかる。もう少しで顔に当たる、という瞬間だった。
さとりはおびえて目を瞑った。だがその拳はさとりに当たることはなく。
「...誰だてめぇ」
「俺に質問するな」
男の拳を、俺はがっちりつかみ上げていた。
その拳を振り飛ばすと、俺はさとりの前に立つ。
「...だからなんなんだよ、お前。こんなタイミングに出てきて、ヒーロー気取りか?」
「...ヒーロー気取り...か。もしかしたらそうかもな。でも...
...俺は、たとえ偽善でも助けるべき人を助け続けるだけなんだよ」
俺は一歩歩を進める。
「最後に一言言わせてもらうなら...」
俺は男を鋭い目つきで睨みあげ、
「...俺そういうの大嫌いだから」
「...気持ち悪い。消えろ」
男は俺に拳をふるう。
だが俺はその拳を流れるようによけると、男の首に手刀をいれる。それも異常な速さで。
「がっ...」
男はせき込むとその場にぶっ倒れた。
漫画とかでこういうの見たことあるだろうが、現実でできるなんて俺も小6まで気付かなかった。
男が倒れると他のやつらは少し後ずさりする。そんな男たちに俺は言い放った
「消えろよ、この人をいじめの標的に回すのは...俺を敵に回すのと一緒だぜ?」
男女たちは同意するようにその場から消えていった
「...あなたは誰?」
「俺?お前の隣の白銀狂夜だよ」
俺は彼女に微笑みかける。
彼女は俺を警戒しつつも
ある質問を投げかけてきた_____

sirogane0730


Flag post / Block



You must be logged in to comment : Sign in


垢消し前最後の雑談
Oct 3, 2022, 8:02:34 AM sirogane0730 6 15

現実見たくねぇなぁ...(急にどうしたかっていうと)お仕事するのって怖くて仕方ね...


なんか匿名にフォローされたのでこの垢消しまーす
Oct 3, 2022, 2:58:01 AM sirogane0730 8 16

ういーす。どうもー。 今日匿名にフォローされたからこの垢消しまーす。 以上で...


ヒットマンと俺の会話1
Oct 2, 2022, 8:06:35 AM sirogane0730 5 10

ヒットマン解説 ヒットマン(Great_Hitman)は俺の親友。 プログラミングから作...



雑談 ともぼ 友達募集 初投稿 企画 イラスト #御初 #友達募集 自己紹介 お知らせ 御友達募集 募集