【小説】最弱の青年と最強の機械少女[後日談1:IAの記憶]

神の風をふかしにきたぜ! 小説
Today:1 hit、Yesterday:0 hit、Total:153 hit

Best : 5 , Updated:

何時ぶりだろう。昔の事を思い出したのは。
楽しかったマスターとの思い出におぼれて、昔のことなど一切忘れていた。
私は脳にたまった記憶データの処理のために睡眠をとる。
その時たまに処理した記憶が夢として見えるのだ。
思い出したのは虐待の日々。
「役立たず」だとか「使えない人形」だとか、
最初のマスターは私を散々罵倒してきた。
殺そうにもマスターに私は逆らえない。
何をしてもはたかれ、罵倒され、
唯一褒められたのは「人間の女体を完全に再現した」というところだけだった。
生殖機能は存在しないが器官は存在する為、最初のマスターには何度も体を求められ、犯された。
している間は何も感じなかった。嫌いなやつに何されても気持ちいいわけないだろう。
そんなこともあり...生活はまさに地獄だった。
最初のマスターと過ごして半年がたったころ、私のマスターは別の人になった。
研究所のようなところで、私は毎日戦わされた。
「データを取るため」と言って二人目のマスターは何も口をきいてくれなかった。
感情なんて薄れていった。心だって壊れていった。
機転があったのは今のマスターに出会う一週間前。
研究所が敵に攻撃を受けた。
その時私はマスターの命で戦って応戦したが大量の敵に勝てるわけなく。
二人目のマスターは死に、私は捕まった。
それからは三人目のマスターに牢の中に入れられた。
そして6日後、私は牢の外に出された。
三人目のマスターは言った。
「これからお前を逃がす」
「どこに?」
「安全な場所にだ。日本で俺が生きていた時の旧友の元にだ」
三人目のマスターはそう言って私を船に乗せた。
真夜中。ある島に着いた辺りで、マスターは
「お前の為だ」
と言って私とのマスターリンクを解除した。
マスターリンクとは私のマスターと認識する為のリンクである。
解除すると私はデータ処理に一時的に気絶する。
そして次に見た人間をマスターと認識する仕組みになっているのだ。
「後は頼んだぜ、裕司」
最後にそう言っているのが聞こえたあたりで、私の意識は消えた。

そうして、今に至る。
私は目が覚め、ベッドから起き上がる。
マスターはまだ私の横で寝ていた。
時間を見るといつもより一時間早く起きたらしい。
気持ちよさそうに寝ているマスターを見て、私はつい微笑んでしまった。
「...大好きだよ。マスター」
そう言い私はマスターの背中に抱き着いて、二度寝した。
昔の記憶なんて嫌いだった。
でも昔のおかげで今がある。
私は、過去があってよかったなと、今初めて思ったのだ。

神風はやと@ゆ茶劇制作中


Flag post / Block



てことで、回想編でした、
良ければフォローといいねお願いします!
いいね分けそろそろしないとね!
以上!


神風はやと@ゆ茶劇制作中
Flag Link


話が好きすぎて辛い!!!!!!!
はやとさんの小説の書き方好きすぎて辛い!!!!
うわぁぁぁああ(((((((殴蹴刺


沙夜@死にたがり
Flag Link


えなち>...マジでどうした(冷静)

神風はやと@ゆ茶劇制作中
Flag Link


上のやりとりおもろい((
IA良かったな…(泣)


零(ゼロ)@ぺテ神(上級者)/低浮上
Flag Link


零>ハッピーエンドってね。番外もう一つ残ってるよ。

神風はやと@ゆ茶劇制作中
Flag Link


2コメ失礼。
番外編もう一つ残ってるってマジ!?


零(ゼロ)@ぺテ神(上級者)/低浮上
Flag Link


零>マジ。あと番外じゃなくて後日談だわ

神風はやと@ゆ茶劇制作中
Flag Link


見たいぃぃぃぃ

零(ゼロ)@ぺテ神(上級者)/低浮上
Flag Link


You must be logged in to comment : Sign in


さようなら
神風はやと@ゆ茶劇制作中 20 31

鏡写しの自分。 「俺」が「はやと」であり 「はやと」は「俺」 でも自分の「好...


【小説】[27:可愛い](東方二次創作)
神風はやと@ゆ茶劇制作中 2 23

「...昨日狂夜が会ってた人って...どういう人なの?」 「あ?...ああ...小傘のこ...


【小説】[26:変わったな](東方二次創作)
神風はやと@ゆ茶劇制作中 4 22

久々に会った小傘は、なんだかイメージが違った。 中学校では冷静且つ優しい美少...



雑談 バトン 拡散 イラスト ともぼ 初投稿 お知らせ 小説 #えふげん 作詞 凱旋門賞 募集 拡散希望 競馬