【小説】[02:感謝](東方二次創作)

#白銀の狙撃手 小説 #この世で一人の俺と君
Today:1 hit、Yesterday:1 hit、Total:92 hit

Best : 4 , Updated: Sep 27, 2022, 2:55:56 PM


「どうして、私を助けてくれたの?」
彼女は、俺にそう質問してきた。
「...は?」
「だから、どうして私を助けてくれたの?私を助けるなんて...恩でも押し付けにきた?」
「別に?」
「だったら、何が目的なのかしら?」
「...俺は、誰かが傷つく様を見たくない。だから助けた。ただそれだけだ。」
「...どうして、こんなところまで、私を追いかけてまで助けてくれたのかがわからないの。
私は...”力”を持っていて...この第三の目があって...みんなにはなくて...そのせいで周りから気持ち悪がられて...友達なんて誰もいない。そんな私をどうして屋上に来てまで...」
「おまえも俺も、同じ人間だろ。違うか?」
俺は呆れながら彼女に言い放つ。
「俺はな、差別ってのが大嫌いだ。”そういう物”を持って生まれたとしても、結局中身はみんな同じ人間なんだ。俺にとって、あんたら力を持つものも、俺みたいな持たない者も、みんなおんなじだって俺の中では思ってる。
それに...最初に言った通り、誰かが傷つく様を見たくなかっただけだ」
俺がペラペラ長くしゃべっていると、いつの間にか日が沈みかかっていた。
「...やべぇ、早く帰んないと...お前も早く帰れよ」
そういって屋上から出ようとしたら、
「...とう」
「あ?」
「助けてくれてありがとう」
彼女は笑ってそう言った。
「別にいいよ。気にすんな」
俺はそう言って屋上を出た。
「...こんなの、ただの自己満足でしかないんだがな」
俺は一人呟く。
そう、これは俺のせめてもの罪滅ぼしだ。
昔々、いじめっ子だった。
俺の過去への懺悔なのだ


※ ※ ※ ※ ※


俺は、誰もいない教室で一人溜息をついた。
「...誰だよ俺のカバン持って行った奴」
そう、教室のどこを探しても俺のカバンがないのだ。
分かっている。教室にカバン置いたままにした俺が馬鹿だった。
きっとあの男女共が逆恨みでもっていったんだろう。
「...ノートにペンはどうにでもなるから教科書は...まぁ、どうにか買うことができるまで....」
...誰に借りる?
多分、予測だが俺の話は明日にでも広まるだろう。
”化け物”を助けたヒーローもどき。みたいな感じで。
そんな奴に教科書貸してくれる奴なんているだろうか。
そう、いないだろう。
...でも、彼女なら。
「あら?どうしたの?まだ残ってたの?」
さとりも教室に戻ってきた。
「...いや、ちょっとめんどくさいことになってな」
「どうしたの?」
「カバン盗まれた」
彼女は絶句していた。俺も普通だったらしそうだが。
俺は苦笑いしつつ彼女に問いかける。
「てことで、明日から教科書見せてくれない?」
「え...別にいいけれど、本当にどうするの?」
「カバンは予備があるから大丈夫、ノートもペンも代用利くし、唯一教科書の予備買ってないから新しく教科書買うまで...って感じだ」
「用意周到ね...」
「教科書が抜けてる時点でそれはないだろ」
二人で苦笑いしてた。
この時俺は、まだ知らなかった。
彼女をかばったことにより、
地獄の日々が始まるということを_____

sirogane0730


Flag post / Block



You must be logged in to comment : Sign in


垢消し前最後の雑談
Oct 3, 2022, 8:02:34 AM sirogane0730 6 15

現実見たくねぇなぁ...(急にどうしたかっていうと)お仕事するのって怖くて仕方ね...


なんか匿名にフォローされたのでこの垢消しまーす
Oct 3, 2022, 2:58:01 AM sirogane0730 8 16

ういーす。どうもー。 今日匿名にフォローされたからこの垢消しまーす。 以上で...


ヒットマンと俺の会話1
Oct 2, 2022, 8:06:35 AM sirogane0730 5 10

ヒットマン解説 ヒットマン(Great_Hitman)は俺の親友。 プログラミングから作...



雑談 ともぼ 友達募集 #全人類が猫を崇める日 イラスト お知らせ 拡散希望 #ふわふわメレン誕生 御友達募集 初投稿 バトン 把握会 #雑談