天使が堕ちるまで 1

小説 天使が堕ちるまで
Today:1 hit、Yesterday:0 hit、Total:54 hit

Best : 89 , Updated:

さて、まずは何をしようかな。


__天使には象徴がある、まぁ『天使と言えば』で思い付くような奴だな。

綺麗な羽と、天使の輪。ちなみに悪魔にも羽はあるが、使い物にならねぇのがほとんどだよ。
あ、腹いせにでも羽をむしってみるか。

おい、暴れるなよ。うるさいぞ、お前。
だけど、一度羽をむしればおとなしくなった。お利口さんだなぁ?

ははっ、泣いたって元には戻らねぇよ。
ふわふわ羽根が舞って、綺麗だぞお前。喜べ!

帰りたい? 無理だよ。それに、そんな羽じゃあ、馬鹿にされるだけだぜ?

え? 天使はいい奴ばっか? どうだろうな、善をまとっている奴ほど闇深いものはないぜ。


まぁ諦めろ。どのみちお前は帰れねぇんだからよぉ。

いいぜいいぜ、好きなだけ罵れ。綺麗な顔で睨め、どうせ、お前は堕ちる運命なんだから。

それに、要らないと思うけどな? 悪魔に簡単に捕まっちまうような、貧弱な天使なんて。ただの役立たず、天使の中のお荷物だ。


それじゃ、また明日。

くろねこらいふ


Flag post / Block



You must be logged in to comment : Sign in


天使が堕ちるまで 15
くろねこらいふ

よぉ。てん、し? __あ、お前、天使の輪が。どうしたんだよ。 ぱらぱら崩れ...


天使が堕ちるまで 14
くろねこらいふ

頭がふわふわする。 目の前がチカチカする。 悪魔にもらった薬が効き始めたの...


天使が堕ちるまで 13
くろねこらいふ 1

おはよ、天使。 今日はプレゼントを持ってきたぜ。 え? いやいや、前みたい...



雑談 バトン 友達募集 ともぼ 拡散 拡散希望 イラスト お知らせ #雑談 無浮上 日常 彗蓮が地球に初上陸した日🎉 把握会